ビタミンC誘導体:美容液 厳選ショップ

ビタミンC誘導体とは?

ビタミンCには、皮脂の分泌抑制、角栓を開く、抗酸化作用、コラーゲンの生成促進、メラニンの還元作用、メラニンの生成抑制、色素沈着抑制など様々な働きがあると言われ、美肌成分のなかでも最も有名なもののうちの一つです。

しかし、ビタミンC単体では壊れやすく、肌に浸透しにくいことが難点です。

ビタミンC誘導体とは

ビタミンC誘導体とは、ビタミンCよりも角質層の透過がよく、より長い時間皮膚内にとどまるように改良された美白成分です。


水溶性のビタミンC誘導体には、次の2つがあります。

@リン酸アスコルビルナトリウム

ニキビの抑制、改善、皮脂分泌抑制効果があり、化粧品メーカの「ビタミンC配合化粧水」などによく使用されています。


Aリン酸アスコルビルマグネシウム

ドクターズコスメのVCローションに使用されることが多い成分です。
リン酸アスコルビルナトリウムとリン酸アスコルビルマグネシウムでは、効果に大きな違いはないのですが、使用感がかなり異なります。
マグネシウムの方が刺激が少なめです。
生成コストはマグネシウムの方が高いため、安価な製品には含まれていません。


■水溶性ビタミンC誘導体の働く様
水溶性ビタミンC誘導体には、肌へのなじみをよくし、空気中で酸化しないようにリン酸基が結合しています。

ビタミンC誘導体が、皮膚の内部へ入っていくと、細胞からリン酸基を切る酵素が分泌され、メラニン色素に近づくとビタミンCに変化し、新たなメラニン色素の生産を抑えてくれます。

また、ビタミンCは、皮膚の内部でコラーゲンの合成を促進、保湿を促してくれるので
小ジワたるみを防止し、美白・肌の若返り効果があると言われています。


■水溶性ビタミンC誘導体の長所と短所

水溶性ビタミンCは表面のコメドや角栓にとても効果的ですが、バリア機能にさえぎられて、肌にぬっただけでは十分に深くまで浸透することはできません。

イオン導入(電気エネルギーの力)により、その浸透率を30倍〜100倍にすることができます。

紫外線で分解しやすいので、容器や保管場所などに注意が必要です。


□関連記事
>>ビタミンC
>>高浸透新型ビタミンC誘導体




×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。