老人性疣贅(ろうじんせいゆうぜい):美容液 厳選ショップ

老人性疣贅(ろうじんせいゆうぜい)とは?

老人性疣贅(ろうじんせいゆうぜい)とは、皮膚の老化に伴って発生するイボのことです。

良性の腫瘍の一種で、全身のどこにもできますが、特に顔、首、背中などに多く見られます。

老人性疣贅(ろうじんせいゆうぜい)は、50代から多く見られるようになりますが、最近は男女を問わず、30代からもあらわれるようです。

色は薄茶色から黒色までさまざまです。





×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。