紫外線の影響〜光老化:美容液 厳選ショップ

光老化とは?

紫外線は、生命をつかさどる遺伝子に傷をつけます。
傷ついた細胞は自力で修復しようとしますが、傷が多いと遺伝子修復のスピードが追いつかなくなってしまいます。

特に細胞分裂が盛んな子供の頃に大量の紫外線を浴びますと、遺伝子の傷が治りきらないうちに細胞が分裂のために新たな遺伝子を作り始め、異常な遺伝子を持った細胞が増えてしまい、生涯にわたって皮膚ガンの発生のリスクが大きくなります。

また、紫外線(特に長波長紫外線・UV−A)を浴びた皮膚の内側では、肌の弾力性を保つ繊維(コラーゲンエラスチン)がブツブツと切れてしまい、張りを失った肌はたるみシワになってしまいます。

また紫外線で増えた活性酸素は、コラーゲン同士を固くつないで、その働きを弱めていきます。

シミの原因もやはり紫外線です。

紫外線が色素細胞を刺激してメラニンを多く作りすぎてしまうのです。

紫外線の肌への影響は増すばかりで、老化を進める原因の一つになっています。

これが、光老化です。

紫外線のA波→シミシワに関与
紫外線のB波→皮膚ガン、白内障の原因

肌老化の8割が光老化といわれています。
女性だけではなく、男性も子供もUV対策を考える必要があるのです。



   →日焼け止め(顔用)はこちらから




×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。