スルフィニル:美容液 厳選ショップ

スルフィニルとは?

スルフィニルとは、本わさびの根茎に多く含まれる成分で、芥子油の一種す。
正式名称は、「6-メチルスルフィニルヘキシルイソチオシアネート」といいます。

本わさびのスルフィニル含有量は、たった約0.04%しかない、大変貴重な成分です。

スルフィニルには、お肌を蘇らせる3大若返り効果があります。

1.血液サラサラ効果
2.美肌効果
3.解毒効果(デトックス)

【1.血液サラサラ効果】
一日5gの本わさびを摂ると、1時間後には被験者14人中13人の血液が平均27%改善しました。
本わさびの血液サラサラ効果は、野菜の中でもトップクラスです。

【2.美肌効果】
本わさびの抗酸化メカニズムによりGSTを活性化します。
お肌の老化を食い止め、お肌を若返らせるのです。

【3.解毒効果(デトックス)】
本わさびの解毒酵素を活性化する作用は、野菜の中で最強です。
スルフィニルは、肝臓の解毒代謝酵素の活性を上昇させます。

肝臓の解毒代謝酵素は、発癌物質などの異物を無毒化し、体外へ排出しやすい形に変換する解毒酵素です。
この酵素の活性を上昇させることは、発がんの予防につながります。

また、スルフィニルには、喫煙や紫外線、ストレスなどによって発生する活性酸素の発生を抑える働きもあります。
しかも、活性酸素が生成されないようブロックしてしまう、という効果もあるのです。

□関連記事
   >>スルフィニルの抗酸化メカニズム
   >>GST
   >>活性酸素
   >>抗酸化物質




×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。