紫外線(UV):美容液 厳選ショップ

紫外線(UV)とは?

地球に到達する太陽光線には、紫外線、赤外線、可視光線があります。

紫外線とは、太陽光線のうち、波長が短くエネルギーの高い光のことをいいます。

紫外線はさらに、波長の長い順にUV-A、UV-B、UV-Cの3種類に分けられます。

【UV-A】
UV-Aは、大気圏でほとんど吸収されずに地表に達します。
UV-Aを浴びると肌が黒くなる日焼け(サンタン)をします。
また、シミソバカスの原因となったり、皮膚の弾力を奪ってシワたるみを引き起こすともいわれています。

【UV-B】
UV-Bは、オゾン層の増減により、地上に到達する量が変動します。
UV-Bを浴びると肌が赤くなる日焼け(サンバーン)をします。
大量に浴びると免疫力の低下や、皮膚ガン、白内障を引き起こす恐れがあるといわれています。
 
【UV-C】
紫外線の中で、最も有害なUV-Cは、ほとんどがオゾン層によって吸収されてしまうため、地球上には届きません。


紫外線の強さは、時刻や季節、天候によって大きく変わります。

太陽が頭上に来るほど強い紫外線が届きますので、一日のうちでは正午ごろ、日本の季節では6月から8月が、最も紫外線の強い時期になります。

山に登ると空気が薄く、より強い紫外線が届きます。

また、雪や砂は紫外線を強く反射するので、スキーや海水浴のときはメラニンが多量に生成され、強い日焼けをしやすくなります。



   →日焼け止め(顔用)はこちらから




×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。