高浸透新型ビタミンC誘導体(アプレシエ):美容液 厳選ショップ

高浸透新型ビタミンC誘導体(アプレシエ)とは?

通常ビタミンCは不安定で、すぐに酸化されてしまいます。
また、肌の表面は、水をはじく親油性なので、親水性のビタミンCは、肌の表面しか浸透せず、なかなか効果を発揮できません。

そこで、リン酸やグルコース等により安定させた、ビタミンC誘導体がつくられました。
これは、お肌に存在する酵素によってビタミンCに変換させる、というものです。

さらに、ビタミンCをいかにお肌の深部まで長時間、大量に、安定供給させるか、という点で研究されたのが、高浸透新型ビタミンC誘導体(アプレシエ)です。

高浸透新型ビタミンC誘導体(アプレシエ)は、分子内に親水性・親油性の両方の性質を持ち合わせるために、肌に非常に浸透しやすくなりました。

また、ビタミンCの欠点であった、刺激がでたり、肌に塗るとつっぱり感があったりという点も解消され、肌のぷるぷる・さらさら感を実感できるものになっています。

その理由は、パルミチン酸という脂質を結合させたことにより、皮膚内部への浸透性が、従来のものよりも10〜100倍も強化できたためです。

そのため、コラーゲン合成が促進され、シミシワの改善に大きな効果が発揮できるようになりました。

□関連記事
>>ビタミンC
>>ビタミンC誘導体




×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。