アルブチン:美容液 厳選ショップ

アルブチンとは?

アルブチンは、ハイドロキノン誘導体で、コケモモやナシ等の植物にも含まれる、天然型の配糖体です。

アルブチンは、日やけによるシミソバカスの原因となるメラニン合成に重要な酵素(チロシナーゼ)を阻害する作用により、優れた美白(ホワイトニング)効果を示します。

アルブチンにはα-アルブチンβ-アルブチンがあり、それぞれ違った働きがあります。

β-アルブチン
β-アルブチンは、ウワウルシといわれるツツジ科の植物に含まれる成分です。

β-アルブチンは、メラノサイト内で酵素チロシナーゼに直接作用してメラニン色素の生産を抑制し、美白(ホワイトニング)効果を示すといわれています。

β-アルブチンは、α-アルブチンより早くから化粧品に配合されていましたが、効果が弱く、現在ではα-アルブチンが主流となっています。

α-アルブチン
ハイドロキノンの糖誘導体で、コケモモなどの植物に含まれる成分で、糖とハイドロキノンから合成して作られています。

α-アルブチンは、シミソバカスの原因となるメラニン色素合成の鍵を握るチロシナーゼの活性を抑える作用に優れているので、多くの美白(ホワイトニング)化粧品に使われています。

ハイドロキノンがもつ、化学的に不安定で分解しやすい、肌に刺激がでやすいという欠点を解消し、肌が弱い人でも安心して使っていただける成分です。





×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。