メラニンの種類とグルタチオン:美容液 厳選ショップ

メラニンの種類とグルタチオンとは?

メラニンには、色の濃い「黒色メラニン」と、色が薄い「肌色メラニン」があります。
この2種類のメラニンのバランスによって、肌色の傾向が決まります。

黒色メラニンが多いほど、シミくすみが目立つ肌となってしまうので、シミを目立たなくするには、黒色メラニンを抑えて肌色メラニンを増やせばよいのです。

黒色メラニン」と、「肌色メラニン」をつくり分けるカギを握っているのは、「グルタチオン」という物質です。

グルタチオン
グルタチオンは、体内に存在するアミノ酸で、高い抗酸化作用があります。
このグルタチオンが、通常の黒色メラニン生成経路から、肌色のメラニン生成経路へと導く作用をします。

つまり、メラノサイトの中にグルタチオンが多いと、色の薄い「肌色メラニン」がつくられ、グルタチオンが少ないと、色の濃い「黒色メラニン」がつくられるのです。

グルタチオンの体内量は、病気などで酸化ストレスを受けたり、加齢によって低下します。
また、紫外線のあたる表皮でも、グルタチオン量が減少します。
年齢を重ねると、顔や手足など紫外線を浴びる部位ほどシミができやすくなるのは、グルタチオン量が低下するためです。

体内のグルタチオン量を減らさないために一番有効なのは、紫外線にあたらないことです。

また、シミを解消して色白肌を保つには、メラニンの排出を促して生成を抑制する美白(ホワイトニング)美容液や、ビタミンCの摂取も効果的です。
皮膚の外側からの保護と、内側からのケアを続けることが大切です。




×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。