コレステロール:美容液 厳選ショップ

コレステロールとは?

コレステロールは、細胞を作る成分として、また、ホルモンやビタミンDなどの原料として、大切な役割を果たしている脂肪の一種です。
血管の強化・維持にも深く関与しています。

コレステロールの種類】
総コレステロール(TC)
血中に含まれるコレステロールの総量です。
総コレステロール(TC)値が高くなりすぎると、血管の内側に付着して動脈硬化を引き起こし、高血圧や心筋梗塞の危険性が高まります。

HDLコレステロール
HDLコレステロールは、血管の内側に付着したコレステロールを取りこんで、肝臓に運び去る役割をもっています。
動脈硬化を予防する、善玉コレステロールといわれています。

LDLコレステロール
たんぱく質と脂質が結びついたもので、肝臓のコレステロールを体の隅々まで運ぶ機能があります。

俗に悪玉コレステロールと呼ばれ、LDLコレステロールが増えすぎると血管に留まり、動脈硬化を引き起こすといわれてきました。

しかし、最近の研究で、LDLコレステロールそのものが悪いのではなく、酸化されたLDLコレステロールが本当の悪玉だとわかってきました。

そこで、抗酸化物質として、赤ワインに含まれるポリフェノール、お茶に含まれるカテキン、ごまに含まれるセサミノールなどは、LDLコレステロールの酸化を防ぎ、動脈硬化を予防する成分として注目されています。

抗酸化ビタミン(ビタミンEビタミンCβ-カロテン)も有効です。

□関連記事
   >>ビタミンC
   >>ビタミンE
   >>β-カロテン
   >>γ-オリザノール(ガンマ・オリザノール)
   >>リポタンパク




×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。