活性酸素:美容液 厳選ショップ

活性酸素とは?

酸素分子は、他の分子に結びついたり、電子を奪ったりして、周囲のものを酸化させる性質をもっています。

空気中でものが燃えたり、食用油が変質したり、が錆びたりするのも、この酸化作用のためです。

呼吸によって体内に取り入れられた酸素も、その約2%が、遺伝子や細胞を酸化させ、健康に悪影響を与えると考えられています。

このように、酸化力が強く、活性化された酸素のことを活性酸素といいます。

体内では、酵素やたんぱく質、ビタミンなど、体内のサビ止め役である抗酸化物質活性酸素を無害化し、体を守っています。

しかし、タバコや車の排気ガス、大量の紫外線、食品添加物の大量摂取、ストレスなどによって活性酸素が過剰に発生すると、体内の抗酸化物質では処理し切れず、生活習慣病を誘発したり、老化を促進するといわれています。

活性酸素の影響】
■遺伝子(DNA)を形成する核酸を酸化させて変質させ、がん細胞などを発生させます。

■細胞膜に含まれる不飽和脂肪酸を酸化させて、過酸化脂質を作り、細胞や組織を破壊します。

リボフスチン(老化色素)を作り、細胞の動きを止めて老化を促進します。

■皮膚の弾力を保つコラーゲンなどの繊維を切ってしまうので、皮膚が窪み、深いシワが刻まれます。

■メラノサイトが、活性酸素から細胞を守るためにメラニン色素を大量に生産し、シミの原因になります。

活性酸素による老化を防ぐためには、活性酸素の発生をできるだけ抑える生活習慣を身に着けるとともに、不飽和脂肪酸の摂取を控え、抗酸化成分を多く含む食品を意識的に摂ることが大切です。

□関連記事
   >>抗酸化物質




×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。