ハイドロキシプロリン:美容液 厳選ショップ

ハイドロキシプロリンとは?

ハイドロキシプロリンは、コラーゲン中に多く存在するアミノ酸の一種で、コラーゲンの1割以上を占めています。

コラーゲンエラスチンといった繊維やヒアルロン酸などを作り出すのは、真皮に存在する繊維芽細胞です。
この繊維芽細胞の活性化を促進することによって、コラーゲンエラスチンヒアルロン酸の生成が高まり、ハリのある素肌を保つことができます。

繊維芽細胞が若々しいコラーゲンを産生するには、原料として、食事からのたんぱく質の供給を必要とします。

しかし、コラーゲン成分のアミノ酸は偏っていて、ハイドロキシプロリンを非常に多く必要とします。

ビタミンCは、たんぱく質中に含まれたアミノ酸の一種であるプロリンを、ハイドロキシプロリンに変えるための必須成分です。

つまり、体内でコラーゲンを合成させ、弾力性のあるお肌を維持するには、たんぱく質と一緒にビタミンCを摂取することが大切です。

また、鉄分もあわせて摂取することで、コラーゲンの生成をさらに高めることができます。




×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。