紫外線対策:美容液 厳選ショップ

紫外線対策とは?

■日焼け止め
紫外線対策と聞いて真っ先に思い浮かぶのは、日焼け止めではないでしょうか。

日焼け止めは、UV−Aを防ぐ効果をPA値、UV−Bを防ぐ効果をSPF値で表示しています。

PA値とは、「Protection Grade of UV−A」の略です。
PA値は、UV−Aをカットする力の強さを「PA+」「PA++」「PA+++」の三段階で表されます。「+」の数が多いほど、効果が高いことを示します。

SPF値は、「Sun Protection Factor」の略です。
SPF値は、UV−Bの防止効果を数値で表します。数値が大きいほど、UV−Bをカットする力が強くなります。

【PA値、SPF値の使用の目安】
●日常生活(通勤・通学、買い物)…PA+/SPF10前後
●短時間の屋外活動…PA++/SPF30
●長時間の外出…PA+++/SPF50

【使用時の注意】
紫外線吸収剤を使用しているSPF値の高い日焼け止めは、化学反応によって日焼けを防止しますので、肌荒れを引き起こしやすく、肌への負担が大きくなります。
また、SPF値やPA値が高いものほど肌への吸着力が強く、洗顔時に落ちにくい場合がありますので、状況に応じた値の日焼け止めを使用しましょう。


■日焼けしてしまったら・・・
日焼けした肌の回復に特に効果が高いのは、「ビタミンC」と「ビタミンE」です。

ビタミンCには、メラニンの生成や沈着を抑制する働きがあります。

ビタミンEには、肌の新陳代謝を活発に
する働きがあります。

ビタミンCビタミンEは、いっしょにとるとより効果的です。
紫外線が気になるこの季節には、積極的に摂取したいものです。




×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。