ケミカルピーリング:美容液 厳選ショップ

ケミカルピーリングとは?


ケミカルピーリングとは、科学的反応によって肌表面に蓄積された古い角質を取り除き、毛穴の中の汚れをキレイにすることです。

肌のターンオーバー(肌が生まれ変わる周期)が促されて新陳代謝が活発になり、透明感のあるキメ細かな肌に再生されます。

ケミカルピーリングには、老化角質を剥離することで、コラーゲンの生成を促進する効果もあります。

ケミカルピーリングをおすすめしたい肌トラブル
・毛穴の目立つ肌
ニキビや吹き出物
・脂性肌
シミなどの色素沈着




クレンジングと洗顔:美容液 厳選ショップ

クレンジングと洗顔

●その日の汚れはその日のうちに
メークや汚れは、お肌に大変な負担をかけます。
そのため、できるだけ早く落とすことが美肌を保つ基本です。

また、クレンジングや洗顔を手抜きしてしまうと、化粧水や美容液でいくらお手入れをしても、汚れがバリアとなって浸透されません。

●クレンジングのポイント
お肌に刺激を与えないように、指先に力をいれないように気をつけます。
髪の生え際も忘れずに行ってください。

洗い流すときはぬるま湯で。
冷たい水では毛穴を引き締めてしまい、汚れが落ちにくくなってしまいます。
逆に、熱いお湯では皮脂をとり過ぎてしまい、大切な潤いをなくしてしまいます。

肌に負担をかけないことがポイントです。

●洗顔
洗顔も、お肌に負担をかけないように、たっぷりの泡で洗います。
きちんと汚れが落ちた肌は、美容液などがよく浸透し、より高い潤い効果をもたらします。

リンパ液:美容液 厳選ショップ

リンパ液とは?

わたしたちの体は、血液が一定のリズムで流れています。

動脈から流れ出た血液は、全身にはりめぐらされた毛細血管に流れ込んでいきます。
さらにその血液の一部は、毛細血管からにじみ出て組織間液になります。

組織間液のなかでも、毛細血管に吸収されずにリンパ管に流れ込むものがリンパ液になります。

リンパ液は、体中の細胞や老廃物などを運搬しています。このリンパ液の流れが悪くなると、体内に老廃物などがたまり、疲れやだるさ、肩や首のコリの原因になります。
また、必要以上の水分が体に残って、むくみの原因になることもあります。

リンパ液は、血液とは異なり、とてもゆっくりと流れています。
それは、心臓のようなポンプが働かず、リンパ管に隣接する筋肉が動く時の圧力などによって流れているためです。

そのため、運動不足や血行不良、疲労などに大きく影響を受けてしまいまい、さまざまなトラブルを引き起こします。

ラメラ構造:美容液 厳選ショップ

ラメラ構造とは?

人の角質層は、角質細胞と細胞間脂質で出来ています。

細胞間脂質は、セラミドを主体としたコレステロール、脂肪酸などの脂質分子と水分子が層状に並んだ多重構造で、水分を抱きかかえています。

これをラメラ構造といい、角質層ではラメラ構造が120層も重なっています。

ラメラ構造を形成することで、角層は保湿機能とバリア機能を発揮することができます。

このラメラ構造が不完全になると、細胞同士の結びつきが弱くなってバリア機能が低下し、様々な外的刺激に敏感になります。
また、隙間から水分も逃げていきやすくなり、肌の乾燥を招きます。

ベタつくのにカサつく、シッカリとケアしているのに肌が潤わない・・・。
このような肌トラブルは、肌の奥の乾燥が進行している証拠です。

しかし、ローションなどの水性成分では、表面を潤すのみで、角質バリアを越えて角質内に浸透することはできません。

油分子と水性分子が交互に層状に並ぶ多重構造、すなわち、肌と同じラメラ構造美容液であれば、油分と同時に水分も角質の奥へ届けることができます。

カカオマスポリフェノール:美容液 厳選ショップ

カカオマスポリフェノールとは?

カカオマスポリフェノールとは、チョコレートやカカオ豆に含まれている、ポリフェノールの一種です。

私たちが呼吸によって体内に取り入れている酸素の一部は、活性酸素に変身してしまい、悪玉コレステロールを酸化して、動脈硬化やガンを引き起こすといわれています。

ポリフェノールは、この活性酸素の働きを抑え、体のトラブルを防ぐ働きがあります。

ポリフェノールは、野菜や赤ワイン、緑茶などにも含まれていますが、カカオマスポリフェノールは特に、吸収率の高さに優れています。

また、カカオマスポリフェノールには、ストレスを軽くする抗ストレス効果もあります。

ゼアキサンチン:美容液 厳選ショップ

ゼアキサンチンとは?

ゼアキサンチンは、ほうれん草やケールなどの緑黄色野菜に多く含まれる天然色素、カロテノイドファイトケミカル)の一種です。

ゼアキサンチンルテインとともに、ヒトの網膜に多く存在する物質として知られています。

β-カロテンリコピンと並び優れた抗酸化作用を持っていて、網膜に有害な脂質の過酸化を防いでいると考えられています。

ゼアキサンチンは油に溶けやすい性質(脂溶性)のため、油を使って調理すると吸収率が高まります。

ゼアキサンチンが不足すると活性酸素が活発になり、眼の疲れや白内障などの眼の病気の原因になります。

年齢を重ねるにしたがってゼアキサンチンは減少していきます。

ルミンA:美容液 厳選ショップ

ルミンAとは?

ルミンAとは、細胞賦活用薬です。
細胞賦活とは、生体の細胞を活発にさせ、異物を取り除いたり、病原体に負けない免疫力を引き戻すことです。

ルミンAの働き】
1.異物排除機能を高める
体内外の異物を食べるマクロファージの活性化を高め、異物排除能力を向上させます。

2.炎症を鎮める
細菌やバクテリアなどに感染することにより起こる炎症を鎮め、細菌やバクテリアを排除します。

3.免疫調整作用
自律神経系、免疫系、ホルモン系を強化調節することにより、からだのバランスを調節し、抵抗力を高めてくれます。

クロロゲン酸:美容液 厳選ショップ

クロロゲン酸とは?

クロロゲン酸とは、コーヒーやゴボウなどに含まれるポリフェノールの一種です。
コーヒーの苦味や独特の香りを出したり、ゴボウなどの野菜の切り口を茶色く変色させたりします。

クロロゲン酸には、強い抗酸化力があります。
また、消臭効果も確認されており、柳川鍋でドジョウの臭みを消すためにゴボウをささがきにして入れたりと、クロロゲン酸の消臭効果が活かされています。

クロロゲン酸は、最近では、ガンや老化などの誘因となる活性酸素を除去する抗酸化物質として注目されています。

米国では、コーヒーを多く飲んでいる人に肝臓ガンが少ないといった調査報告もあるそうです。
現在、様々な研究機関で、ガンに対するコーヒーの効用研究が進んでいます。

さらにクロロゲン酸は、エネルギーの燃焼にかかわっているため、ダイエット効果も期待されています。

ミオグロビン:美容液 厳選ショップ

ミオグロビンとは?

ミオグロビンとは、筋肉内で酸素を受け取り、貯蔵する役割を果たす色素たんぱく質のことです。
人間や牛、鶏など、動物の筋肉が赤いのは、このたんぱく質に由来しています。

運動をするとき、筋肉はエネルギーを使うので酸素を必要とします。
赤い色素、ミオグロビンが酸素を蓄えてくれるため、筋肉を動かすことができるのです。

【赤身と白身】
魚には、赤身のものと白身のものがあります。
これは、ミオグロビンの量が関係しています。

ヒラメなどの白身魚は、運動量が少ないので、筋肉中にミオグロビンをあまり必要としません。
赤い色素(ミオグロビン)が少ないので白身になります。

一方、マグロやカツオなどの回遊魚は、ひたすら泳ぎ続ける必要があり、ミオグロビンが大量に必要となります。
ミオグロビンを多く含むため、マグロやカツオは赤身になります。

魚と同様に、人間にも赤身と白身があります。

人間の筋肉には、持久力を使う運動に必要な筋肉(遅筋)と、瞬発力を使う運動に必要な筋肉(速筋)があります。

持久力を使う遅筋の方がミオグロビンを多く必要とし、赤身の肉となります。

ヘモグロビン:美容液 厳選ショップ

ヘモグロビンとは?

ヘモグロビンは、赤血球に含まれている色素タンパク質(血色素)のことで、血液が赤く見えるのは、この血色素によるものです。

ヘモグロビンは、鉄を含む「ヘム」とたんぱく質である「グロビン」から構成されています。

ヘモグロビンの働き】
ヘモグロビンは、酸素が豊富なところでは酸素と結合し、酸素が乏しいところでは酸素を放出する性質があり、肺でとりこんだ新鮮な酸素をからだのすみずみまで運ぶという大切な役割をはたしています。

鉄分が不足するとヘモグロビンが十分つくられなくなり、供給される酸素の量が不足してしまうため、動悸や息切れ、めまいなどの症状が起こります。
これが鉄欠乏性貧血です。

ヘモグロビンの材料になるのは鉄分ですから、食事からの鉄分の摂取が大切です。

特に成長期の青少年や女性の場合には、鉄分を十分にとるよう心がける必要があります。

月桃:美容液 厳選ショップ

月桃(ゲットウ)とは?

月桃はインド南部、東南アジア、南西諸島を含む亜熱帯に群生するショウガ科の植物です。

月桃
には、強力な抗酸化力を持つポリフェノールが赤ワインの34倍含まれています。
血液中の活性酸素を除去し、血液をサラサラにしたり、肌の炎症を押さえる効果があります。

また、月桃の葉は肌を引き締め、新陳代謝を高めて肌を活性化させます。
最近では、細胞の中のコラーゲンの合成を促す作用があり、肌の弾力を回復させます。

月桃の豊かな香りは疲れを緩和し、リラックスをもたらすアロマテラピー効果もあります。

バリン:美容液 厳選ショップ

バリンとは?

バリンは、ロイシン・イソロイシンとともに分岐鎖アミノ酸(BCAA)のひとつです。

バリンは、体内では合成されず、体外からの摂取が必要な必須アミノ酸の一種です。

バリンは、筋肉のたんぱく質を構成し、筋肉内で代謝されてエネルギー源となります。

不足すると筋肉疲労・筋肉痛などの原因となります。

イソロイシン:美容液 厳選ショップ

イソロイシンとは?

イソロイシンは、食品から摂取しなければならない必須アミノ酸のひとつで、筋肉でエネルギー源になる分岐鎖アミノ酸(BCAA)です。

イソロイシンの主な働き】
イソロイシンは、体のたんぱく質を増やす働きや、運動時のエネルギー源として重要な役割を果たします。

筋肉の消耗を防いだり、疲労緩和効果があるため、疲労回復系のアミノ酸ともいわれています。

イソロイシンはまた、ヘモグロビンの形成を促進し、肝機能を高めたり、血管を拡張させる作用や、甲状腺ホルモンの分泌を促す働きがあります。

イソロイシンの含まれている食品】
鶏肉、さけ、牛乳、プロセスチーズ

セサミノール:美容液 厳選ショップ

セサミノールとは?

セサミノールとは、ゴマに含まれるポリフェノールの一種です。

中国では古代から、「ゴマは不老長寿の仙人になるための仙薬」であるとされてきましたが、その根拠の1つが、強力な抗酸化作用のあるセサミノールです。

セサミノールの主な働き]
○細胞の老を化防止する
セサミノールは、活性酸素の酸化作用を抑制する働きがあります。

また、抗酸化作用のあるビタミンE活性酸素から守ります。

○肝臓の機能を助ける 
悪酔いや二日酔いは、肝臓でアルコールが分解されるときに生成されるアセトアルデヒドによっておこります。

セサミノールは、アセトアルデヒドの分解速度を速めて、肝臓の負担を軽くする効果があります。


○悪玉コレステロール値を減少させる 
悪玉コレステロール(LDL)が血管に付着すると、動脈硬化の原因となります。

セサミノールには、悪玉コレステロールが体内でできるのを防ぎます。

サポニン:美容液 厳選ショップ

サポニンとは?

サポニンは、植物の根、葉、茎などに広く含まれています。
渋み、苦み、えぐみといった不快味の原因ともなる成分です。

サポニン(saponin)は、シャボン玉のシャボン(sapo;ラテン語)と同じ語源があるように、水と混ぜて振ると泡立つ性質があります。

サポニンは、水と油の両方に溶ける性質(親水性と疎水性)があり、石鹸と同じように油を溶かし、水で洗浄できる界面活性作用があります。

体内では、血管についたコレステロールを除去したり、過酸化脂質の生成を抑制する働きがあります。

サポニンを多く含むものでは大豆が有名です。

大豆サポニンは、有害物質を体外に排出する働きがあり、肝機能障害を改善します。

また、脂質の合成・吸収を抑制する作用があるため、肥満を防止するともいわれています

タンニン:美容液 厳選ショップ

タンニンとは?

タンニン(tannin)とは、植物に含まれる水溶性成分の1つです。
タンニンは、たんぱく質やアルカロイド(ニコチン・モルヒネ・ カフェイン など)、金属イオンと強く結合して、難溶性の塩を作る性質をもっています。

タンニンの種類】
タンニンは、2種類に大別することができます。
加水分解性タンニンと縮合型タンニンです。

加水分解性タンニンは、希塩酸とともに熱すると分解される性質があります。

代表的な例としてはタンニン酸があり、薬用や皮なめし薬として使われます。

ちなみにタンニンという名称は、「革をなめす」という意味の英語tanに由来しています。

もう1つの縮合型タンニンは、カテキンなどが複数で結合(縮合)した構造を持っています。

こちらの代表例は紅茶に含まれるテアフラビン、テアルビジンなどです。

タンニンの性質】
タンニンは、たんぱく質などの水溶液と混ぜ合わせると、単独では溶けきっていたものが不溶化し、沈澱・濁りを生じます。

これを「タンニン活性」と呼びます。

この性質は、皮なめしや染色など、工業的に利用されています。

また、タンニンには、消炎・止瀉といった収斂(しゅうれん)作用があります。
水に溶けると強い渋味があり、薬としてそのまま飲用することが難しいため、水に溶けなくしたタンニン酸製剤として利用されています。

最近では、タンニン抗酸化物質としての働きが注目されています。

ヒスタミン:美容液 厳選ショップ

ヒスタミンとは?

ヒスタミンとは、ヒスチジンから合成されるアミノ酸の一種です。

ヒスタミンは、免疫系に関係する信号伝達物質で、外傷や、薬物、アレルゲン(アレルギーの原因物質)などが体内に入ると活性化し、細胞から放出されます。
過剰分泌してされたヒスタミンは、くしゃみ、鼻水、かゆみ、気管支収縮といったアレルギー反応を起こします。

ヒスタミンは、中枢神経系では覚醒、興奮などをもたらし、血圧や痛みの調節に関与しています。

ヒスタミン薬は中枢作用により眠気を催します。

βグルカン(ベータグルカン):美容液 厳選ショップ

βグルカン(ベータグルカン)とは?

βグルカン(ベータグルカン)とは、アガリクス茸(和名:ヒメマツタケ)をはじめとするキノコ類や、パン酵母の細胞壁に含まれる成分です。

グルカンとは、ブドウ糖が多数結合した多糖類のことで、食物繊維の一種です。
ブドウ糖どうしの結合様式の違いからαグルカンとβグルカンに分けられ、さらに、ブドウ糖の結合位置によって細分化されています。

αグルカンのグリコーゲンは、エネルギー貯蔵タンクとしての働きをします。

βグルカンには、高濃度の多糖体が含まれていて、強力な免疫活性化作用、抗酸化作用があるといわれています。

近年、アガリクス茸のもつ抗腫瘍効果が学会などで発表されたこともあり、アガリクス茸が話題となりました。

βグルカンを含有している主な食品】
○キノコ類
アガリクス茸、ハナビラタケ、メシマコブ、霊芝
○酵母類
パン酵母、黒酵母、オーツ麦、大麦
○海草類
フコイダン



   →βグルカンの加工食品はこちらから
   →アガリクス茸の加工食品はこちらから
   →鹿角霊芝の加工食品はこちらから
   →メシマコブの加工食品はこちらから

カロテノイド:美容液 厳選ショップ

カロテノイドとは?

カロテノイドは、緑黄色野菜や果物に含まれる色素成分の総称で、600種類以上あるといわれています。

カロテノイドは、優れた抗酸化作用を持っています。

カロテノイドは、生物が紫外線から身を守るためのバリアとして働き、肌老化やシミを予防、目の健康などにも効果を発揮します。

【主なカロテノイド
β-カロテン
体内に貯えられて、必要に応じてビタミンAに変換されます。

アントシアニン
ブルーベリーなどに多く含まれています。
視覚改善効果があります。

リコピン
トマトに含まれている、最強の抗酸化物質ともいわれています。

ルテイン
ルテインは、眼の水晶体や網膜の中心部に多く存在しています。
目の健康を維持するために必要な成分です。

アスタキサンチン
アスタキサンチンはサケ、イクラなどの魚介類に多く含まれている色素成分です。
近年、その優れた抗酸化作用が着目されています。



   →カロテノイド配合のサプリメントはこちらから

   →β-カロテン配合の健康食品はこちらから

   →リコピン配合のサプリメントはこちらから

   →ルテイン配合のサプリメントはこちらから

   →アスタキサンチン配合の栄養調整食品はこちらから

ルテイン:美容液 厳選ショップ

ルテインとは?

ルテインは、ホウレンソウなどの緑黄色野菜に多く含まれる色素成分「カロテノイド」の一種です。

ルテインは、眼の水晶体や網膜の中心部に多く存在する物質で、光による脂質の酸化を予防します。
その抗酸化力は強力で、ビタミンEの10倍以上といわれています。

白内障、緑内障、黄班変成症などの眼病は、中高年を中心に増えています。
これらの病気は、紫外線などから生じた活性酸素が、目の細胞を傷つけているために起こると考えられています。

ルテインは、その活性酸素の害を打ち消す働きをしますが、年齢とともに吸収・代謝する能力が衰えて、ルテインが不足してきます。

目の健康を維持するためには、緑黄色野菜などからルテインを意識的に摂取することが必要です。



   →ルテイン配合のサプリメントはこちらから


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。