冬の肌トラブル:美容液 厳選ショップ

冬の肌トラブルとは?

冬は、寒さによって体が冷え、新陳代謝が低下します。

すると、血行が悪くなって、肌の酸素や栄養が滞りがちになり、肌荒れくすみなどの肌トラブルを引き起こします。

また、冬は湿度が低下し、空気が乾燥します。

乾燥した空気に肌の水分が奪われて、肌も乾燥してきます。

肌が乾燥すると、肌の再生機能がますます低下し、肌老化が進むという悪循環になります。

冬は、丁寧なスキンケアが大切です。
マッサージや保湿成分たっぷりの美容液をプラスし、肌の潤い力をキープしましょう。



毛穴のトラブル:美容液 厳選ショップ

毛穴のトラブル

毛穴の開き
毛穴の開きは、30歳を超えると突然目立ってきます。

これは、老化によって肌のハリが失われたり、表情筋が衰えてくることによって、顔がたるんでくることからおこります。

顔がたるむと、毛穴が開いたように崩れてしまい、涙型の毛穴ができてしまいます。

また、皮脂量が増加していくと、酸化した皮脂が開いた毛穴を傷つけます。
傷ついた毛穴は元に戻る力が弱まり、常に開きっぱなしの状態になってしまします。

毛穴の黒ずみ
毛穴の黒ずみは、毛穴に詰まった古い角質などの汚れが皮脂と混じって酸化し、発生した活性酸素が肌を傷つけるためにおこります。

活性酸素が肌細胞にダメージを与えると、それを防御するためにメラニン色素が多く放出されます。

その結果、毛穴の周辺を黒ずませてしまいます。

敏感肌:美容液 厳選ショップ

敏感肌とは?

敏感肌とは、外部からの刺激を受けやすく、ちょっとしたきっかけで、肌トラブルを起こしてしまう肌をいいます。

皮膚は、毛穴から分泌される皮脂と、汗腺から出る汗で皮膚膜(セラミドが重要成分)を形成しています。
この皮膚膜が、皮膚の水分を保持し、潤いを与えています。

敏感肌の人は、セラミドが不足してしまい、水分保持能力が低下している状態です。

このため、敏感肌はバリア機能が低下、刺激に過敏に反応してしまいます。

敏感肌には、プラセンタが有効といわれています。

プラセンタはには、細胞の増殖・再生をコントロールする物質である細胞増殖因子が豊富に含まれているからです。

秋口の肌トラブル:美容液 厳選ショップ

秋口の肌トラブルとは?

秋口の肌は、夏の間に浴びた紫外線や冷房によるダメージで、さまざまな肌トラブルを起こしやすい状態です。

紫外線を浴びると、皮膚の細胞がダメージを受けます。
ダメージを回復するために、皮膚は新しい細胞をどんどんつく出し、肌の生まれ変わる働きの速度(ターンオーバー)を速めてしまいます。
細胞は、きちんと成熟することができないので、水分を保つ力が弱くなります。

また、冷房による乾燥で、肌はますます乾きやすくなり、カサカサ状態になっていきます。

放っておくと、シワたるみなどのトラブルを引き起こすこともあります。

ヒアルロン酸など、保湿性の高い成分が配合された美容液で、念入りな保湿ケアをしましょう。

ゴワつき:美容液 厳選ショップ

ゴワつきとは?

肌は、夏の強い紫外線にさらされると、自らを守るために角質を厚くします。

夏の終わりに肌がゴワついたり、くすみが目立ったりするのは、ターンオーバーが乱れ、厚くなった古い角質が、肌の表面にたまっているためです。

肌にゴワつきを感じたら、古い角質をすっきりと取り除くために、毎日の洗顔をキッチリと行いましょう。

汚れや老廃物をしっかり落とした後は、マッサージで血行を促進し、美容液での集中的なお手入れがおすすめです。

目の下のくま(クマ):美容液 厳選ショップ

目の下のくま(クマ)とは?

目の下のくまは、老けた印象や、不健康で暗いイメージをあたえます。

目の下のくまの主な原因は、目の下の皮膚が薄くなること(菲薄化)です。

目の下の皮膚は元々大変薄く、皮膚の直下にある皮下血管網の色素(ヘモグロビンミオグロビン)が透けて見えます。

疲れや強いストレスによって自律神経系に乱れが起き、全身の慢性的な血行不良になると、色素(ヘモグロビンミオグロビン)が濃くなり、目の下のくまがはっきり浮き出た状態になります。

それに加えて皮膚が薄くなると、皮膚変形(くぼみ)が影を作り、目の下のくまが更に濃くなって見えます。

皮膚の菲薄化は、加齢と共に顕著になります。

色素沈着:美容液 厳選ショップ

色素沈着とは?

色素沈着とは、メラニン色素が全身あるいは局部的に蓄積して、シミソバカスくすみなどの原因となるものをいいます。

シミ
顔面左右にほぼ対称に出ているのが特徴の肝斑と、中年以降に主として顔面、手の甲にできる老人性色素斑があります。

ソバカス
遺伝によって現れてくる米粒大の褐色の色素沈着で、思春期ごろから目立ってきます。

■黒皮症・摩擦黒皮症
かぶれを繰り返しているうちに皮膚が黒くなってしまったり、皮膚をこすり過ぎることによって起こってくる病気です。

色素沈着が起こりやすい場所は、皮膚の皺、外界に面した所、衣服の当たる場所に多く、その原因の多くは、紫外線とこすり等の刺激です。

色素沈着には、加齢とともに増加するもののほか、ホルモンバランスの異常や肝機能低下によって解毒できない老廃物として沈着する場合があります。

色素沈着のケアは、
@規則正しい生活
A体質にあった美白化粧品の使用
B肌の新陳代謝を高める

ことが挙げられます。

肌荒れ:美容液 厳選ショップ

肌荒れとは?

肌荒れとは、皮膚表面の水分を蓄える力が弱まって水分不足になり、カサついている状態です。

肌荒れの原因としては、

■空気の乾燥
■化粧品かぶれ
■ストレス・睡眠不足
■体調不良や栄養不良
■ホルモンの分泌異常

などがあります。

肌荒れを防ぎ、なめらかな肌を保つためには、まず、栄養バランスのとれた食事を規則正しくとり、睡眠を十分にとることが大切です。

そして、適切なスキンケアで、肌の新陳代謝を促しましょう。

大人のニキビ:美容液 厳選ショップ

ニキビとは?

ニキビは、皮脂の分泌が盛んな毛穴の毛包という組織に細菌が繁殖して起こる炎症です。

ニキビニキビ跡が出来るのは顔だけではなく、胸、背中、アゴから首筋にかけてもできます。

ニキビの原因
ニキビの原因は、皮脂の過剰な分泌と、肌の汚れからくる毛穴のつまりです。

毛穴につまった皮脂を栄養にしてニキビ菌が異常発生すると、炎症や化膿をともなってニキビがどんどん悪化していきます。
最近では、大人のニキビ(アダルトニキビ)と呼ばれる20代以降に悩まされるニキビが急増しています。

大人のニキビは皮脂の過剰分泌だけでなく、複数の原因が重なってできます。
ストレスや睡眠不足・化粧などが原因で肌のトラブルが起こりやすくなります。

ニキビの種類
【白・黒ニキビ
毛穴が詰まり、毛包に溜まった皮脂が盛り上がって、白くポツンと見える状態を白ニキビと言います。
詰まった皮脂が空気に触れて酸化すると、黒く見える黒ニキビになります。

【赤ニキビ
肌に住み着いているニキビ菌は、毛穴が塞がると活性化します。
そして、毛穴の中でニキビ菌が皮脂を分解して炎症を起こし、赤く腫れあがります。
痛みやほてりも感じるようになります。

【黄ニキビ(化膿ニキビ
ニキビ菌などの雑菌が増殖して出た膿が溜まった、炎症性のニキビです。

炎症が進行すると、肌のダメージが真皮まで及んでしまい、凸凹が残ったり色素沈着してニキビ跡が残ります。

この状態を化膿ニキビといいます。

たるみ:美容液 厳選ショップ

たるみとは?

たるみとは、肌のハリや弾力がなくなり、重力によって皮膚が下がっていく老化現象のことです。

肌表面のハリや弾力を支えているのは、真皮層のエラスチンコラーゲンで、コラーゲン線維の方向が複雑に絡み合った立体的な網目構造となっているからです。

たるみの原因
たるみがおこる原因のひとつは、加齢により、このエラスチンコラーゲンが減少していくことです。

また、真皮層は、その下にある脂肪層も支えていますので、肌を支える力が弱まり、たるみがおこってきます。

たるみのもうひとつの大きな原因は、筋肉の衰えです。

顔にはたくさんの表情筋と呼ばれる筋肉があります。
この筋肉は真皮層の土台となっているので、筋肉が衰えると肌もたるんできます。

たるみ予防
まずは、真皮層の衰えの原因である紫外線への対策です。

それから、肌に十分栄養を運び老廃物の除去を促すために、マッサージで血行をよくしたり、筋肉を鍛えることも重要です。

また、20代を過ぎると次第に女性ホルモン分泌量が低下し、40歳を過ぎると急激に低下するため、肌表面のハリや弾力を支えているエラスチンコラーゲン量も減少することが知られています。

コラーゲン生成を促し、弾力のある肌へとサポートしてくれる成分の入ったスキンケア製品などを上手に利用しましょう。


乾燥肌(ドライスキン):美容液 厳選ショップ

乾燥肌(ドライスキン)とは?

乾燥肌(ドライスキン)とは、肌から必要以上に水分が蒸発してしまう現象のことです。

皮膚を覆っている皮脂膜という膜が肌を保護し、水分を蒸発させない役割をしていますが、この皮脂膜が壊れて皮脂が不足すると、質層が水分を保持できず、肌内部の水分は蒸発しやすくなってしまします。

乾燥肌(ドライスキン)では、アレルゲンや微生物などが入り込み、炎症なども起こりやすくなります。
さらに、 紫外線などの、外部刺激に対する抵抗力も落ちてきます。

特に、外気の乾燥しやすい冬は、スキンケアが重要です。
コラーゲンセラミドなど、保湿成分入りの化粧水・美容液で潤いを補給しましょう。

シミ:美容液 厳選ショップ

シミとは?

シミは、紫外線のダメージから肌を守るときに、褐色のたんぱく質であるメラニン色素が過剰に作られたり、本来ない部分にできたりすることによって生じる、後天的な色素沈着をいいます。

皮膚の薄い目の下の部分が、特にできやすく、しかも目立ちます。

シミにはいろいろな種類があり、主なものに“老人斑”、“肝斑”などがあります。

シミのできはじめは小さい点状ですので気になりませんが、シミになった部分が紫外線を多く吸収してしまい、どんどん大きくなります。
さらに、近くにできたシミどうしが融合するので、ますます目立ってきてしまいます。

シミは、紫外線の他に、ストレスや偏食、睡眠不足も原因となります。

紫外線対策はもちろんのこと、ビタミンAビタミンCをたっぷりと摂り、規則正しい生活を送ることも大切です。

ソバカス:美容液 厳選ショップ

ソバカスとは?

ソバカスとは、顔や腕、肩など、日のあたる部分の肌にできる、小さい茶色の点々のことです。
色の白い人や白人にできやすく、5〜6才ごろから出はじめます。

日光に当たると増えていきますので、ソバカスは別名「夏日斑」とも呼ばれ、春から夏にかけて濃くなるのが特徴です。

ソバカスシミと違い、遺伝的な要因が大きい、先天的なものです。

子供の頃のソバカスは通常、年齢を重ねるにしたがって目立たなくなりますが、紫外線を浴びすぎたり、間違ったスキンケアをすることで濃くなってしまいます。

シワ:美容液 厳選ショップ

シワとは?

手の甲をよく見ると、表面には、たくさんの細い線が網目状に見えます。
この線が深くなったものがシワです。

笑ったときなど表情によってできるシワは、弾力のある肌なら自然にもとに戻ります。

しかし、弾力が失われていくと元に戻らなくなり、深いシワとなってしまうのです。

シワができる主な原因は、光老化と乾燥です。

紫外線や乾燥によって、肌のコラーゲン線維が減少し、エラスチンが変性します。

そして、コラーゲンエラスチン活動が弱くなって、肌がたるみ、深いシワとなっていきます。

老人性疣贅(ろうじんせいゆうぜい):美容液 厳選ショップ

老人性疣贅(ろうじんせいゆうぜい)とは?

老人性疣贅(ろうじんせいゆうぜい)とは、皮膚の老化に伴って発生するイボのことです。

良性の腫瘍の一種で、全身のどこにもできますが、特に顔、首、背中などに多く見られます。

老人性疣贅(ろうじんせいゆうぜい)は、50代から多く見られるようになりますが、最近は男女を問わず、30代からもあらわれるようです。

色は薄茶色から黒色までさまざまです。


くすみ:美容液 厳選ショップ

くすみとは?

くすみとは、肌が荒れて、色ムラがある状態を言います。
肌の血行が悪く、黒ずんだ状態です。

くすみは、年齢を重ねるなど、新陳代謝が衰えてくるとできやすくなります。

新陳代謝が低下すると、肌の角質層が厚くなり、真皮の肌が見えにくくなってしまうのです。

くすみの防止には、マッサージなどによって血行を良くしたり、新陳代謝を促す成分が含まれている美容液で補うことが効果的です。



広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。